お知らせ・公演情報

砂と水玉 新作公演『blue bird, black hole』

日時
2020年
2/6(木)19:30
2/7(金)14:00/19:30
2/8(土)14:00/19:30
2/9(日)14:00
※開場は各回開演30分前
場所
BUoY
内容
砂と水玉新作公演『blue bird, black hole』

水底の栓を抜くと
そのうち小さな渦ができる
水面は平らではなくなり
いずれ落ち窪んで小さな穴があく

ねじれた面では平行な線が交差し
底を覗き込めばあの日沈んだ私と目が合う

ダンサー、俳優、タップダンサー…、様々なジャンルのアーティストとの協働、そして『青い鳥』『ファウスト』の引用・翻案。
これまで以上にジャンルミックス感際立つ砂と水玉新作公演『blue bird, black hole』、銭湯跡の地下空間、北千住BUoYにて上演。

*ファウストプロジェクト参加作品
会場:北千住BUoY

チケット(前売・当日共通):
一般 3500円
U22割 2500円(22歳以下の方)

ご予約は専用サイトよりお申し込みください
https://sunatomizutama.stores.jp
※全席自由席
※エレベーターの無い地下一階の会場での公演です。補助の必要な方は、事前にご相談ください。

2020年
2/6(木)19:30
2/7(金)14:00/19:30
2/8(土)14:00/19:30
2/9(日)14:00
※開場は各回開演30分前

作・演出・振付:市松
出演・振付:
甲斐美奈寿
河原舞(ゲッコーパレード)
新宅一平(ドドド・モリ)
出﨑洋樹(ダンス01研修生)
永山香月
根本和歌菜
米澤一平(Kaz Tap Company)

テキスト引用・翻案:
『ファウスト』作=J.W. ゲーテ 訳=森鴎外 他
『青い鳥』作=メーテルリンク 訳=堀口大學

衣装:YUMIKA MORI
美術:板倉勇人
音楽・映像:タカラマハヤ
照明:齋藤桜子
音響操作:市松
制作補助:伊神柚子
宣伝デザイン:石原絵梨

ぜろ式『零点振動』

日時
2019年
vol.17 → 12/17(火)
場所
綜合藝術茶房喫茶茶会記
料金
¥1,000 1drink付 +投げ銭
内容
『ぜろ式』
2017年結成。身体・音・空間を使った即興パフォーマンスユニット。
米澤一平 / tapdancer
谷口界 / performar
市松 / stage director・performar

詳細は順次こちらのTwitterアカウントで発表いたします。 Twitter:@zeroshiki_impro


零点振動。
絶対零度においても原子が不確定性原理のため静止せずに振動していること。

それはきっと僕らの眠りと同義だ。

夢を見ている僕は、動きだす。
夢を見ている僕は、喋りだす。
夢を見ている僕は、生きている。

もし夢が覚めても、二度寝すればいいじゃないか。

眠っている僕らは、さいきょうだ。