「砂と水玉」とは?

「舞台芸術の学校」にて身体表現を学んだ、
演出家/パフォーマーの市松が2016年に立ち上げたプロジェクト。
ダンス、演劇、美術といったジャンルに囚われない場の可能性を探る。

かつて岩だった記憶の欠片
かつて海だった記憶の欠片
砂と
水玉

風に舞い
こすれ合い
ノイズの中に立ち現れる記憶の幽霊
語られるのは未来の記憶

遠吠えが聞こえる

また点から始めよう
星座を繋ぐように
雲を掴むように
私たちはここに立ち

何度も何度も夢を見る

市松
演出家/パフォーマー

過去の公演